Yoshio's pages    Yoshio's Page トップへ戻る

astrophotography          天体のページの目次へ戻る 

天体のペ

1 天体のページの沿革 

 

(1)最初の天体望遠鏡

 第二次世界大戦の前、祖父が写真集などを出版するのに使っていたカメラが何台か家にありました。昭和30年代になると、35mmのフィルムが普及して、その古いカメラは使われなくなっていました。幼稚園から小学校1年生のころには、そのカメラをおもちゃにもらい、投影したり、撮影したりして遊んでいました。そのお陰て、オリンパスのハーフサイズのカメラと露出計を小学2年生の時に買ってもらい、写真の撮影を始めました。今はISOですが当時はASA、焦点距離f、レンズのF、などなど、考えてみると、随分難しいことに興味を持ったものだと思います。

 中学生までは、本の付録についていた天体望遠鏡でしたが、高校の入学祝に叔父が買ってくれたのが、

  カートン光学の CL-3E   D=84mm  f=760mm  赤道儀付きの反射望遠鏡

でした。

 

image002

 

(1)当時のものは20年ほど使用してからご近所の中学生に差し上げましたので、残っていませんが、まだ使えるようにしていらっしゃる方がいらっしゃいます。(この写真は当時のものではなくASTERISMさんのページのものです)

 

image004

 当時の、こんなネガが残っていますが、リングやコリメート用の延長筒など市販のものはない時代でしたので、合焦させることができませんでした。それから50年にもなりますが、まだ、天体写真を写しています。

 

 

(2)天体観測室のホームページ

  そんな経歴があったものですから、ご縁があって、会社の定年後、名古屋の隣の尾張旭市教育委員会の嘱託にしていただき、天体観測室をお預かりしていた時の事です。市役所のホームページとは独自に観測室のホームページを作り、星の会の皆様との連絡と、見学に来られる方へ今何が見えているかとかいった情報発信ができないか1年間試作のホームページを運用してみました。

  その後、市役所のホームページが充実したものになり、スカイワードあさひ星の会のホームページもできましたので、試作のページは1年間で役目を終えました。

(2)現在の各ページは以下の通りです。

尾張旭市役所 スカイワードあさひ 天体観測室のページ

スカイワードあさひ 星の会のページ

image008

 

(3)アストロアーツへの投稿

  その後は、アストロアーツの投稿画像ギャラリー投稿させて頂いてきましたが、だいぶ写真が溜まり、また、いろいろ説明しないと何だかわからないようなことも増えてきましたので、2017年の正月に、私のホームページに天体のページを作ることにしました。

 太陽、月、・・・・と書いていくつもりでいますので、何かの参考にしていただければ幸いです。

 

02 太陽のページへ

 

天体のページの目次へ戻る

Yoshio's Page トップへ戻る

 

 

 

 

Yoshio's pages の通販サイト

あせいあん

蛙聲庵 では

四つ葉のクローバー 

image001image009image026image007

紙の分度器 

image011image013image015image014

日時計の文字盤 

image008image017image021image019

の通信販売を始めました