Yoshio's pages    Yoshio's Page トップへ戻る

earth                地球のページ トップへ戻る

地球のペ

1.地震

(1)2018/07/07千葉県東方沖M6.0へ戻る

(2)2018/07/17茨城県沖M4.2

@地震の規模と震源の位置へ戻る

A震源と観測点との関係へ戻る

B活断層(綾瀬川断層)へ戻る

 

C簡易地震計(90cmの振子)が円運動する原理

     地震の揺れの再現実験

(1)のCでも説明しましたが、撮影に使った、簡易地震計は、

長さが90cmの釣り糸に釣りの錘(おもり)を吊り下げて、

円グラフを描くための丸型方眼紙の中心に、

錘の先端が向いているように設置して、

振幅と振れの方位を読み取れるようにしただけの単純なものです。

 

a)地震発生時の簡易地震計の動き

(a-1)10日前の地震の揺れ

 2018/07/07に千葉県東方沖で地震が発生した時の簡易地震計の錘の動きは、

Youtube2018-0707-2023地震 2018 0707 地震の揺れの再現実験

示したようにはじめは右回りでした。

その後、34分後に

震源と蛙聲庵を結ぶ直線の上で、振子の錘が往復する

直線状の運動をしました。(上図)

 

(a-2)今回の地震の揺れ

 2018/07/17に茨城県沖で地震が発生した時の簡易地震計の錘の動きは、

Youtube2018-0717-0434地震で示したように

はじめは左回りでした。

ふたつ目の地震の前半までは、ずっと、円運動が続いていて

その後、振子の円運動が、空気の抵抗で収束してくると

下図に矢印で示したように、震源と観測点を結ぶ直線上を

小さな振幅で揺れました。

 

 

 

b)直線上を振子が揺れる原理

地震の無い時には、

静止している振子を震源の方向に指先で弾きます。

地震の時には、

防災科学研究所のCMT回析を見てみると、

南西方向の水平成分は押しであったことが分かります。

 震源から初動が押しのP波が観測点に到達すると、

観測点は震源から遠い方向に動くため、観測点で見ていると

錘が震源の方向に弾かれたように見えます。

 錘を指で弾いたときにも、地震のP波で地盤が押された時にも

いずれの場合にも、振子の支点は錘の位置よりも震源から見て

遠い位置にあることになります。

 これにより、振子が直線状を往復するようになります。

以下に、それを図示しておきます。

P波の初動の押しで赤い矢印の方向に観測点の地面が動きます。(上図)

すると、観測点では錘が震源方向に弾かれたように見えます(上図)

 慣性の法則で錘は静止しているのですが、

観測所が振り子の支点や観測者とともに震源とは逆の方向に

移動したためです(上図)

しかし、観測者には上図の@の位置まで錘がはじかれたように見えます。

そして、錘は地球の万有引力で支点の方向に加速されて、

Aの位置まで振れます。

その後は、再びAから@へ振れ戻り、

さらに、

@⇒A⇒@⇒A⇒@⇒A⇒・・・・

と震源と観測所を結ぶ直線に沿って往復運動を繰り返します。

 これが、2度目の地震の後半に見られた、直進運動のモデルです。

地震は、一度に一気に発生するのではなく、震源では、次々に断層面が

ずれて行きます。このため、2つの比較的大きな地震の後に、小さな振幅の

地震が次々におきていて、その地震波で、振子が震源と観測点を結ぶ方向に

直線的に揺れたものと考えられます。

 

 

c)円や楕円の円周上を振子が周回する原理

P波の押しで、観測点の地盤が震源とは逆の方向に動くのは同じです。(上図)

ところが、その地震のP波の力で活断層が滑り始めると、

活断層には東側から太平洋プレートの圧力がかかっているので

東側の地盤が、大宮台地の下へ潜り込み西に動きます。(上図)

すると、上図のAへ振れ戻った錘が東向きに弾かれたようになり

Cに進みます。

その結果、錘は直線状を戻るのではなく、円または楕円を

描いてオレンジ色の軌道を周回するようになります。

 

 

 

 

 

 

 

 

参考になるホームページ

☆本件に関する動画は

Youtube2018-0707-2023地震に当日のノーカットの動画があり、

Youtube2018-0707-2023地震に、その再現実験を含めた動画があります。

今回の2018/07/172つの地震における簡易地震計の揺れと再現実験は

Youtube2018-0717-0434地震です。

 

☆一般的な地震情報は

気象庁|地震情報

http://www.jma.go.jp/jp/quake/

にあります。

 

☆気象庁の各種データ・資料

http://www.jma.go.jp/jma/menu/menureport.html

には

地震の活動状況

震度データベース検索など

発震機構解(精査後)

などが記録されています。

 

☆術語の意味などは

https://www.data.jma.go.jp/svd/eqev/data/mech/kaisetu/mechkaisetu2.htmlに、

発震機構解とは何か

発震機構解と断層面

CMT解とは何か

発震機構解と断層面

などが、解説されていて、

さらに最近の解説書も紹介されています。

 

☆防災科学技術研究所 Hi-net 高感度地震観測網

http://www.hinet.bosai.go.jp/?LANG=ja

には、微小な地震の状況もわかります。

さらに3次元の震源分布などを見ることができます。

 

 

地球のページ トップへ戻る

Yoshio's Page トップへ戻る

 

 

 

Yoshio's pages の通販サイト

あせいあん

蛙聲庵 では

四つ葉のクローバー 

image001image009image026image007

紙の分度器 

image011image013image015image014

日時計の文字盤 

image008image017image021image019

の通信販売を始めました