Yoshio's pages    Yoshio's Page トップへ戻る

earth                地球のページ トップへ戻る

地球のペ

1.地震

(1)2018/07/07千葉県東方沖M6.0へ戻る

(2)2018/07/17茨城県沖M4.2

@地震の規模と震源の位置へ戻る

A震源と観測点との関係へ戻る

 

 

B活断層(綾瀬川断層)

 Aで、説明した通り、観測点の南西に、北西−南東方向に延びている

綾瀬川断層があります。

この断層は活断層で、断層には略(ほぼ)東から圧力がかかっています。

その理由については、(1)のBで説明した通りで、太平洋プレートが、ハワイの

方向から西に向かってマントルの流れにのって移動しているためです。

上図は、震源の方向と断層にかかっている力の関係の概念図です。

震源の方位は61°ですので、略北東方向にあります、その方向を青い矢印で

示してあります。綾瀬川断層を直線で示してあります。そこに、東から

圧力がかかっています、これは茶色の矢印で示してあります。

従って、この綾瀬川断層が滑ると、断層の東側にある観測点の地盤は

西に動きます。このことが、次のCで説明するように、簡易地震計の錘が

円運動する原因ではないかと考えられます。

 

 

C簡易地震計(90cmの振子)が円運動する原理へ進む

地球のページ トップへ戻る

Yoshio's Page トップへ戻る

 

 

 

Yoshio's pages の通販サイト

あせいあん

蛙聲庵 では

四つ葉のクローバー 

image001image009image026image007

紙の分度器 

image011image013image015image014

日時計の文字盤 

image008image017image021image019

の通信販売を始めました