蛙聲庵の趣味のページYoshio's pages の目次へ

 

ビデオを見た後プラウザーの戻るボタン()

この目次に戻れます

 

鳥や虫のページのトップへ戻る

 

シジュウカラの目次17へ戻る

 

シジュウカラの目次18

 

 

シジュウカラの巣箱524-2020-0505孵化11日目産座の外になぜか移動

理由は良く判りませんが、雛が皆で産座の外に移動しました。しかし、

13羽が産座に戻ります。特に1羽は発育が遅れていて親も心配しています。

 

シジュウカラの巣箱525-2020-0506孵化12日目-1 毎分一回餌運び、雛は産座に戻りました

普通の数倍の1分間に1回以上のペースで餌を運んでいます。

産座に戻った雛は、その度に大きな声を出して鳴きます。

 

シジュウカラの巣箱525-2020-0506孵化12日目-2 スズメと小競り合い--シジュウカラが背後から攻撃

スズメはシジュウカラの騒ぎを見過ごせません、巣箱を覗きに来ました。

それにシジュウカラが背後から攻撃しました。

 

シジュウカラの巣箱525-2020-0506孵化12日目-3 スズメが巣箱に侵入

大きいスズメは巣箱に入れなかったので、仲間を呼び集めました。

小さいスズメが巣箱に入り、雛を産座から引き吊りだしました。

 

シジュウカラの巣箱525-2020-0506孵化12日目-4 スズメが再び巣箱に侵入

小さいスズメが再び巣箱に入り、雛を産座から引き吊りだしました。

雛は自力で産座に戻りました。親は助けてくれません。

 

シジュウカラの巣箱526-2020-0507孵化13日目-1 朝からスズメが巣箱に来ました

シジュウカラは物凄い頻度で早朝から餌運びを続けています。親も雛も近隣に対する

騒音の配慮を全くしません。スズメはそれが気になって仕方がありません。

 

シジュウカラの巣箱526-2020-0507孵化13日目-2 シジュウカラは餌運びのやり方を変えません

シジュウカラは、餌運びの方法を変えようとしません。

毎分1回程度の異常なへーすで餌を運び続けています。

スズメは食事のためにいなくなりましたが、戻ってきました。

 

シジュウカラの巣箱526-2020-0507孵化13日目-3 スズメが今日も巣箱に侵入シジュウカラの雛危うし

シジュウカラの親は、スズメが侵入しているのに気付きました。しかし、被害がなかったので

甘い判断をして、餌運びを続けました。スズメは虎視眈々と雛を狙っています。雛危うし!!!

 

シジュウカラの巣箱526-2020-0507孵化13日目-4 侵入を続けたスズメをシジュウカラの親が撃退

シジュウカラの親がいない時に雛を襲うスズメの作戦には、見張りからの監視情報が不可欠です。

その情報伝達に綻びが生じ、巣箱の中にいたスズメは、

帰って来たシジュウカラの親に撃退されました。

 

シジュウカラの巣箱526-2020-0507孵化13日目-5 傷害事件に発展

シジュウカラの親が遠くまで芋虫を採りに行くようになった留守をついて、

スズメは雛の虐待を続けました。そして、2羽の雛が負傷して動けなくなりました。

 

シジュウカラの巣箱526-2020-0507孵化13日目-6 流血の事態にエスカレート

シジュウカラはその後も遠くまで餌を採りに行くようになり、スズメはその留守に

シジュウカラの雛を襲い続けました。そして、とおとお、流血の事態になりました。

 

シジュウカラの巣箱526-2020-0507孵化13日目-7 シジュウカラの反撃

スズメの犯行を目撃したシジュウカラの親は、スズメに反撃をするようになりました。

反撃を受けているうちに、スズメは先ず犯行を止め、次いで、巣箱に入らなくなりました。

 

シジュウカラの巣箱527-2020-0508孵化14日目雛死亡-1 遺体の検視

スズメに繰り返し攻撃された雛が、朝には亡くなっていました。

死因は頸動脈損傷による失血死の様です。

 

シジュウカラの巣箱527-2020-0508孵化14日目雛死亡-2 犯人は再び現場に雛危うし

シジュウカラの反撃が余程怖かったらしく、しばらくスズメは来ませんでした。

しかし、犯人のスズメやリーダーのスズメが戻ってきました。雛危うしです。

 

シジュウカラの巣箱527-2020-0508孵化14日目雛死亡-3 スズメが侵入

スズメは巣箱の近くの木に数羽で来ていて、侵入のチャンスを伺っていました。

そして、この日も巣箱に侵入シジュウカラの雛に暴行虐待を加えて逃走しました。

 

シジュウカラの巣箱527-2020-0508孵化14日目雛死亡-4 虐めがエスカレート紛争に介入を決意

その後もシジュウカラの雛をスズメが虐待し続けましたので、悪いのはシジュウカラの

両親ですが、罪のない雛を守るため紛争に介入することにしました。

 

シジュウカラの巣箱527-2020-0508孵化14日目雛死亡-5 シジュウカラも警戒スズメ除け完成

シジュウカラは巣箱に入る前に安全確認を行うようになりました。

穴を小さくしたスズメ除けが完成し、巣箱の中にスズメが入らなくなりました。

 

シジュウカラの巣箱527-2020-0508孵化14日目雛死亡-6 スズメはあきらめていません

スズメは西側の巣箱に何とかして入ろうとし続けました。中に入れなくても

諦めていません。産座の中で雛は身を寄せ合っています。

 

シジュウカラの巣箱527-2020-0508孵化14日目雛死亡-7 スズメは来なくなりました

午後3時を過ぎるとスズメが西側の巣箱の出入口のカメラには写らなくなりました。

56日から続いたスズメの侵入事件は3日目の午後になりようやく終わりました。

 

シジュウカラの巣箱528-2020-0509孵化15日目-1 終わっていませんでした

スズメは、前日の7午後に姿を見せなくなり、侵入事件は終わったのかと思いましたが、

この日は朝からスズメガ来て。3時間経過しても、まだ、侵入しようとしています。

 

シジュウカラの巣箱528-2020-0509孵化15日目-2 スズメはまだ来ました

シジュウカラは狭い範囲から、小さな餌を、頻繁に運び続けています。

スズメの餌と競合していますので、スズメは夕方まで侵入を試みました。

 

シジュウカラの巣箱528-2020-0509孵化15日目-3 餌が足りません

雛の発育状態が良くありません、狭い産座の中に6羽が入っています。

雛は充分に餌を与えられないという、一種の虐待を親からも受けています。

 

シジュウカラの巣箱528-2020-0509孵化15日目-4 食べてないので出ません

雛は殆ど糞を出しません、親は頻繁に餌を運んで来るのですが、

餌が小さすぎて、量が足りず、お腹に糞が溜まらないようです。

 

シジュウカラの巣箱528-2020-0509孵化15日目-5 それでも少しづつ育っていますが

雛には大小が有り、気掛かりです。育ち具合に差がある様です。

餌が行渡っていないようです。

 

シジュウカラの巣箱529-2020-0510孵化16日目-1 スズメは殆ど来ませんでした

シジュウカラは相変わらず、異常なペースで餌を運んでいました。

スズメには迷惑が続いていますので、午後に何度か見に来ただけでした。

 

シジュウカラの巣箱529-2020-0510孵化16日目-2 時折大きな糞を運び出します

シジュウカラは餌運びの方法を変えておらず、雛の餌は不足しています。

糞を運ばずに出てくることが多いのですが、大きな糞も持ち出します。

 

シジュウカラの巣箱529-2020-0510孵化16日目-3 巣箱の中を見てみましょう

雛は全く餌を食べてない訳ではありませんので、糞もすれば、羽ばたく練習もしています。

しかし、雛の身体は小さくて、小さい産座の中に6羽が入っています。

 

シジュウカラの巣箱529-2020-0510孵化16日目-4 餌運びの回数と餌の量

親が帰ってくるまでの時間と、運んで来る餌の大きさから、

親が運んできている餌の量を推定してみました。

例年の6432%程度しかありません。

 

シジュウカラの巣箱529-2020-0510孵化16日目-5 翼を広げて羽ばたく稽古

雛は時々産座から出て、翼を伸ばして羽ばたく稽古をしながら、餌を貰っていますが、

産座の中にいた方が、餌が貰える確率が上がるようで、産座に戻ってしまいます。

 

シジュウカラの巣箱530-孵化17日目-2020-0511-1 親が遠くに出掛ける様になりました

親が遠くへ出掛けるようになりましたが、餌は近くで調達してくるようです。

雛が巣立ったら、どこへ連れて行くか、遠くまで見に行っている様です。

 

シジュウカラの巣箱530-孵化17日目-2020-0511-2 早朝の巣箱の中親はなまけものではありません

シジュウカラの親は、暗い内から餌を運んできていますので、親はなまけものではありません。

しかし、雛はお腹が空いている様です。親が帰って来ると騒ぎます。

 

シジュウカラの巣箱530-孵化17日目-2020-0511-3 雛が産座の外にでるようになりました

雛が産座の外に出て、羽を伸ばしたり、翼を広げて羽ばたいてりするようになりました。

親から餌を貰うのには、産座の外にいたり、産座の最前列にいたりすると有利です。

 

シジュウカラの巣箱530-孵化17日目-2020-0511-4 皆が食べているか心配

親が巣箱にいる時間が極端に短いので、良く雛を見比べてから餌を食べさせていません。

6羽いる雛に餌が行渡っているのか心配です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

タカ・キツツキの目次へ進む

 

蛙聲庵の趣味のページYoshio's pages の目次へ