蛙聲庵の趣味のページYoshio's pages の目次へ

 

ビデオを見た後プラウザーの戻るボタン()

この目次に戻れます

 

鳥や虫のページ

 

スズメとメジロの目次24へ戻る

 

スズメとメジロの目次25

 

 

スズメとメジロ2020-1220-1221-カメラを自作して増やしました

古い一眼レフのカメラのズームレンズと、天体望遠鏡のアイピースの筒との、

変換マウントを作り、天体観測用のUSBカメラで鳥の動画が写せるようにしました。

大口径長焦点ズームです。スズメの目元の違いまで、判別できるようになりました。

 

スズメとメジロ2020-1222-カメラを自作して増やしました2

SIGMAMAKINONのズームレンズにKenkoのデシアイピースを付けて、

動画が撮影できるようにしました。35mmフィルムカメラ換算で

280mm2,000mm程度の望遠レンズのカメラです。温かい室内から

窓越しにバードフィーダーが長時間高倍率で撮影できます。

 

スズメとメジロ2020-1223-1224-バードフィーダーをクローズアップ

手動の望遠ズームでクローズアップすると、ヒヨドリのヘアースタイルの違いや、

スズメの顔の違いが撮影できて、個体の識別が出来る様になりますが、動きのある時など

オートで撮影したいときもあり、カメラは手動と自動と両方が必要です。

 

スズメとメジロ2020-1224-バードフィーダーをクローズアップ2

動きの速い場面の撮影には、オートのカメラが便利ですが、敢えて、重たくても

大口径の長焦点レンズのカメラを作ったのは、口径が大きいと分解能が高くなり

羽毛の毛先のフワッとした細い所まで写せるかどうかの差があるからです。

 

スズメとメジロ2020-1225-バードフィーダーをクローズアップ3

メジロの白目はドーナッツではなくて、視力検査のマークです。

スズメの首は伸び縮みします。

 

スズメとメジロ2020-1226-バードフィーダーの平和な1日-1

スズメとメジロとシジュウカラとヒヨドリは、静かで平和な一日を過ごせました。

 

スズメとメジロ2020-1227-バードフィーダーの平和な1日-2

曇っていて暗くて寒い日でしたが、スズメとメジロとシジュウカラとヒヨドリは

水浴びをしたり、食事をしたり、争わず、平和な一日をこの日も過ごせました。

 

スズメとメジロ2020-1228-バードフィーダーの平和な1日-3

スズメもメジロもシジュウカラもヒヨドリもお互いに挑発したりしないで

争わず、静かな一日を過ごせました。このところ、平和な日が続いています。

 

スズメとメジロ2020-1229-バードフィーダーの平和な1日-4

平和な毎日が続いています。モヒカン刈りのヒヨドリも来ます。

ひまわりの種を隠れて食べるスズメがいます。

 

スズメとメジロ2020-1230-バードフィーダーの平和な1日-5

スズメがメジロやシジュウカラの餌も食べられるようになりたいと努力しています。

メジロやシジュウカラは自分が食べやすい物を食べています。

 

スズメとメジロ2020-1231-バードフィーダーの平和な1日-6

2020年は色々あって慌ただしい年でしたが、年末は慌ただしい年の瀬ではなく。

平和で穏やかな、年の暮れに成りました。

 

スズメとメジロ2021-0101-バードフィーダーにネズミが侵入

バードフィーダーの2021年のお正月は、静かで平穏な朝で始まりましたが、

午後にネズミがバードフィーダーに侵入しました。

 

スズメとメジロ2021-0102-バードフィーダーにネズミが侵入2ご存知の方種類を教えてくたせさい

正月二日小鳥たちは仲良く平和に過ごしています。午後に又ネズミが来ました

ネズミの種類が分かる方がいらっしゃいましたら、コメント欄で教えてください。

 

スズメとメジロ2021-0103-1 メジロの作法と御茶事の作法

メジロがポンカン、シジュウカラがピーナッツを食べ続けているように見えますが、

シジュウカラもメジロも入れ替わっています。待っているメジロが居るかいないかで

メジロの餌の食べ方が変わります。御茶事の作法もメジロの食事の作法も目的は同じです。

一人の時には作法は要りません。

 

スズメとメジロ2021-0103-2-スズメとメジロとシジュウカラとヒヨドリが来ましたがネズミは来ませんでした

小鳥は来ましたがネズミは来ませんでした。メジロとヒヨドリが

ずっとバードフィーダーにいたのでネズミが来なかったのかも知れません。

 

スズメとメジロ2021-0104-バードフィーダーにネズミが侵入3 ネズミの侵入が続いています

正月にネズミが来るのは困ったものですが、この日もネズミが来ました。

スズメとメジロとシジュウカラとヒヨドリはいつも通り来ました。

 

スズメとメジロ2021-0105-1 スズメが下からピーナッツを食べました

スズメがピーナッツリングに乗ったりぶら下がったりしないで、下から

羽ばたいてピーナッツの穴を広げて豆を取り出しました。技術革新です。

これなら、他のスズメも真似ができます。

 

スズメとメジロ2021-0105-2 スズメは一緒に食事をします

スズメは皆で一緒に食事をします。でも、他の鳥は一羽づつ食事をします。

 

スズメとメジロ2021-0105-3 スズメとメジロとシジュウカラ

スズメとメジロとシジュウカラはとても仲良く一緒に暮らせるようになりました。

 

スズメとメジロ2021-0106-1 バードフィーダーの秩序1

大きいヒヨドリには近づかない。練餌を食べる順番はスズメもメジロも守る。

餌は譲り合って食べるなど、バードフィーダーの秩序が保たれています。

 

スズメとメジロ2021-0106-2 バードフィーダーの秩序 2

スズメとメジロの間では、練餌を食べる順番を待っている時に、お腹が空いて

待ちきれなくなった時に、食べている相手に変わってほしい事を伝える事が

出来る様になりました。その為、ヒヨドリはメジロから助けを求められることも、

スズメから挑発されることも無くなりましたので、入れ替わりつつ落ち着いて

食事をしています。

 

スズメとメジロ2021-0106-3 正月にネズミの出る理由1

ネズミは垂直の壁を昇降できますので、隙間を塞いでも、2階の御宅を経由して

拙宅に入ってきます。庭の手入れを余りしない御宅がありますので、ネズミは、

鷹や猫などの捕食者から、見つからずに、昼間に庭や側溝を移動できます。

 

 

 

 

ツバメ・カラスムクドリの目次へ進む

 

蛙聲庵の趣味のページYoshio's pages の目次へ