蛙聲庵の趣味のページYoshio's pages の目次へ

 

ビデオを見た後プラウザーの戻るボタン()

この目次に戻れます

 

鳥や虫のページ

 

スズメとメジロの目次07へ戻る

 

スズメとメジロの目次08

 

 

スズメとメジロ2018-0702-2羽目の子雀も自分で食べられるようになりました

親から餌をもらっていましたが、親や周囲の大人のすることを見ながら、

練り餌の食べ方を覚えました。親達は喧嘩をしながら巣に餌を運んでいます。

 

スズメとメジロ2018-0703子雀は練り餌が食べやすいようです

子雀は大人の群れに混じって、お米や雑穀を食べさせてもらえるようになりました。

しかし、すぐに練り餌を食べ始めました。練り餌の方が食べやすいようです。

 

スズメとメジロ2018-0704子雀が穀物を食べるようになりました

始めは練り餌を食べていましたが、米や雑穀の穀物を食べるようになりました。

大人のしていることを見てまねして、学習をしています。

 

スズメとメジロ2018-0705-0706子雀が練り餌を食べなくなりました

子雀はお米や稗、粟の雑穀を食べて、練り餌を食べなくなりました。

成長に伴い、食べ物の嗜好が変化したようです。成長が早いですね。

 

スズメとメジロ2018-0711チュンチュンを救え1/17うまく飛べない子雀を保護しました

巣立ったもののうまく飛べない子雀が、置き去りになっていました。

猫の通り道ですので、保護することにしましたが、

なかなか、練り餌を食べてくれません。

 

スズメとメジロ2018-0711チュンチュンを救え2/17羽が未成熟なので着陸できません

羽のスロットやフラップの部分で風切りと呼ばれるところが

未成熟なために、離陸はできますが、着陸ができません。

 

スズメとメジロ2018-0711チュンチュンを救え3/17 餌を食べるようになりました

練り餌を少しづつ食べるようになりました。何時間も付ききりで

食事もできなかったので、夜までご近所に預かってもらいました。

 

スズメとメジロ2018-0712チュンチュンを救え4/17 1夜明けて訓練開始です

1夜明けて訓練開始です。餌もよく食べるようになりましたので、

原隊復帰を目指して簡単な着陸訓練を始めました。

 

スズメとメジロ2018-0712チュンチュンを救え5/17まだ羽鞘が残っています

鳥の羽は皮膚の中でできてくるときに、鞘の中で成長します。

チュンチュンの羽はまだその鞘をかぶっています。

 

スズメとメジロ2018-0713チュンチュンを救え6/17鳴き交わしの練習

チュンチュンは一日中鳴き交わしの練習をしています。

すぐそばにいると、大変な騒音ですが、止めさせると

仲間のところに返せなくなりますので、ここは我慢するしかありません。

 

スズメとメジロ2018-0713チュンチュンを救え7/17止まり木を作りました

飛行訓練にはまだ早いので、止まり木を作り

列線(ライン)への駐機(パーキング)の練習を始めました。

 

スズメとメジロ2018-0713チュンチュンを救え8/17外を見ながら着陸訓練

次の教科は見学と着陸訓練です。他のスズメが見える止まり木で

近くから、着陸の練習をしています。

 

スズメとメジロ2018-0714チュンチュンを救え9/17夜中の3時までサッカーを応援したそうです

サッカーのワールドカップを中学生と一緒に夜中の3時まで観戦して

大声で「チュンチュン」と応援したそうです。眠れないので、

夜寝る前に返されることになりました。

 

スズメとメジロ2018-0714チュンチュンを救え10/17まだ墜落します

着陸訓練を重ねていると、まだ、時々墜落します。

ヘラを使って餌を食べようと試みます。

 

スズメとメジロ2018-0714チュンチュンを救え11/17低速で旋回ができました

かなり練度が上がってきました。

低速で旋回してから上昇飛行ができました。

止まり木間の移動など、樹上生活の練習も始めました。

 

スズメとメジロ2018-0714チュンチュンを救え12/17安全性と安定性に疑問

飛行能力は向上しているのですが、落下、墜落しますので

安全性と安定性には、まだ、疑問が残ります。

 

スズメとメジロ2018-0714チュンチュンを救え13/17偵察能力の向上

以前は、お寿司の広告の写真を見て、食べようとしていましたが、

お寿司の写真には騙されなくなりました。床も見て回りました。

 

スズメとメジロ2018-0714チュンチュンを救え14/17まだ羽が羽鞘を被っています

チュンチュンの羽はまだ羽鞘を被っていますので、乱流や境界層の剥離の

原因になります。羽鞘がとれるのを待たないと本格的には飛べません。

 

スズメとメジロ2018-0715チュンチュンを救え15/17親雀が探しに来ました

朝、親雀がチュンチュンの声を聞いて、餌を持って迎えに来ました。

しかし、親はチュンチュンを見つけられません。チュンチュンの

飛行能力はまだまだです。色々と見極めなくてはなりません。

 

スズメとメジロ2018-0715チュンチュンを救え16/17羽鞘が外れました

午後、羽鞘が外れ初め、夜には羽がきれいになりました。

飛行能力の問題はこれで解決です。夜は気持ちよさそうにぐっすり眠りました。

 

スズメとメジロ2018-0715チュンチュンを救え17/17「集まれ!」の号令で原隊復帰

スズメの群れが、チュンチュンを迎えに来ました。

キチキチキチキチ「集まれ!」の号令でチュンチュンは

スズメの群れに原隊復帰できました。

 

スズメとメジロ2018-0716-0719その後のチュンチュン

ストローの標識を外してしまったので、識別は困難ですが、

チュンチュンらしいスズメが、親から餌をもらっていました。

スズメは土で砂浴びをします。

 

スズメとメジロ2018-0720-0722子雀が穀物を食べ続けています

スズメの子供が、お米、稗、粟の穀物を食べ続けています。

身体はすでに大人のスズメより一回り大きいのですが、

まだ、穀物を食べ続けています。

 

スズメとメジロ2018-0723チュンチュンはまだ餌をもらっています

チュンチュンは、涼しいところで親から餌をもらっています。

蟻やナメクジの対策をしました。子雀のための冷房を作りました。

 

スズメとメジロ2018-0724-0727子雀が餌を食べに来ています

チュンチュンらしい子雀は、周りのスズメのすることを見ています。

チュンチュンの羽が伸びてきて、形態による識別は難しくなってきました。

 

スズメとメジロ2018-0728自分で餌を食べようとはしません

雨の中チュンチュンが来ました。まだ、自分で餌を食べようとはしません。

もう親よりも大きくなっているのに、親から餌をもらっています。

手のかかる子雀です。

 

スズメとメジロ2018-0729チュンチュンは餌をねだるのが得意です

身体の大きな穀物の好きな子雀、身体の小さな周囲についていく子雀、

自分で練り餌が食べられるのに、大人にねだって食べさせてもらう子雀の

3羽の小雀がバードフィーダーに来ています。チュンチュンは多分3番目です。

 

スズメとメジロの目次09へ進む

 

蛙聲庵の趣味のページYoshio's pages の目次へ